職種紹介 | VOICE

HOME採用情報職種紹介クリエイティブディレクター

クリエイティブディレクター

Creative Director
お客様と制作チームの橋渡しが、ディレクターの大事な仕事。
付加価値の高いデザイン提案で、皆の想いをひとつにまとめます。

業務内容

Webサイトや印刷物など、各種のデザインワークを担当しています。ディレクターとして案件に関わるときは、コンセプト作りや工程管理といった「上流」部分の仕事が多くなりますし、またデザイナーとして、クリエイティブの現場に入るケースもあります。
 
プロジェクトによって条件は異なりますが、仕事のおおまかな流れは次のような感じです。
(1)クライアントとの打ち合わせ
「お客様にとって最適なかたちは何か」と考え続けながら、コンセプトがぶれないように会議を進行させます。
(2)社内で営業担当やプランナーと提案内容を詰める
お客様の要望・予算などを考慮しながら、トータルの企画を検討します。ブランドデザイン開発の提案に発展するようなこともあります。
(3)デザイン/カンプ出し
デザイナーに内容を正確に伝え、提示用のデザイン作りにかかります。自分で制作を手掛けることもあります。いずれにせよ、必要な要素が抜けていないかなど、都度のチェックが欠かせません。
(4)制作進行
デザイナーやコーダー、システム担当に作業指示を出します。その後のスケジュール管理も大事な仕事です。制作進行中も、打ち合わせや校正出しを繰り返し、最終形に持っていきます。
(5)校了~納品/公開
最終チェックを経て、成果物の納品(Webサイトの場合は公開)となります。

この職種の価値

お客様は希望を述べたり、要件を挙げたりしつつも、「プロの視点からの、プラスアルファの提案」を望んでいるものです。いかに付加価値を創り出すかが、私たちの役目です。また、ディレクターの仕事とは、「お客様と制作サイドの橋渡し」だとも思っています。お客様のニーズを把握し、それをかみ砕いて制作チームに伝えることで、プロジェクトの目的が明確化され、デザインの方向性もぶれなくなります。そして制作チームの一人一人が案件のコンセプトを理解していることは、結果的にプロジェクト管理の精度が上がることにもつながります。

やりがいや手応え

「クリエイティブ」な仕事の大半は、地道で地味な作業です。コツコツと積み上げていったその工程が完成品となって手元に届く(あるいは公開される)瞬間に、「頑張ってよかった!」という思いに包まれ、苦労も報われます。
 
またディレクターは、お客様と直接打ち合わせを重ねていく立場なので、結果の良しあしの報告もダイレクトに届きます。自分の関わった仕事で、成果(コンバージョン率の向上や、エンドユーザー・社内からの反応など)があった際に感謝の言葉をいただけると、努力が結果に結び付いてくれたことがはっきりと分かり、大きな手応えを感じます。また、その経験が、より良い仕事への意欲へとつながっていきます。

今後取り組みたいことやビジョン

自分の行うデザインの提案やディレクションに、より説得力を持たせられるように、体系的なマーケティングの知識や、プロジェクトマネジメントの方法論を学んでいきたいと考えています。

この職種の応募者へのアドバイス

自分のやりたいことを実現できる、非常にやりがいのある職種です。また、さまざまな業種のお客様と仕事ができるので、日々新しい経験と出会いがあります。私はデザイナーを経てディレクターになったのですが、デザイン業務のみやっていたころと比べ、仕事の幅が大きく広がったと実感しています。学生のうちはデザインの勉強に集中しがちですが、マーケティングに関しても好奇心を抱いて知識を深めておくと、役に立つと思います。

Work life balance

Profile

クリエイティブディレクター W.S
浜松生まれ・浜松育ち
グラフィックデザイン科卒

趣味:食べること、旅行、海外映画・ドラマ
オフの日は友人とおいしいものを食べにいったり、予定がないときは家で海外ドラマや映画を見て過ごしています。遊びの計画を立てるのが好きなので、遠出するときは徹底的に下調べをして旅のしおりを作るようにしています!