職種紹介 | VOICE

Webデザイナー

Web Designer
何より大切なのは、「Web」「デザイン」への興味や意欲。
専門知識や経験が乏しくても、日々の仕事で成長できます。

業務内容

私は普段、主にWebサイトの制作に携わっています。Webサイトのデザイン・コーディング作業をはじめ、お客様との打ち合わせや写真の撮影、運用開始後のアクセス解析なども手掛けていて、業務内容はさまざまです。コーディングは簡単なJavaScriptも扱ったりしますし、最近は多くのユーザーがWebサイトをスマートフォンで閲覧するようになっていますので、サイトのレスポンシブ化にも対応しています。

この職種の価値

今後はますます、あらゆるものがインターネットでつながっていきます。ビジネスであれコミュニケーションであれ、質の優れたWebサイトの必要性はさらに高まってきます。お客様のニーズをかたちにし、実際に世に出るWebサイトを制作する職業は、より大きな価値を持っていくのではないかと思います。

やりがいや手応え

私自身も、入社前はコーディングの知識がそれほどあったわけではありません。それでも社内の先輩方に教えてもらったり、仕事をこなしていく中で、徐々に知識が身に付いていきました。専門的な技術となると、まだ難しいこともありますが、自分が作成したものが公開されたときは、大きな達成感を得られます。

今後取り組みたいことやビジョン

さまざまな案件の1フェーズの作業を引き受けるパターンが多いので、ひとつの案件で「打合せ~デザイン作成・コーディング~撮影~アクセス解析」というふうに一通り携われていけたらと思います。
また、Webの世界は日進月歩で、常に新しい情報が更新されていくので、向上心を欠かさず最新の技術やトレンドを取り入れて業務を進めていきたいです。

この職種の応募者へのアドバイス

Webとデザインに興味がある方には、とてもやりがいがある仕事です。最初は誰でも経験は浅いので、覚えていきたいという気持ちがあれば、スキルが身に付いていくと思います。

その他

経験者採用はトライアル制度(新卒は会社見学やインターンシップ)もありますので採用担当までご相談ください

Work life balance

Profile

Webデザイナー M.S
浜松市出身
グラフィックデザイン科卒

休日はだいたい家で映画を見たり本を読んだりしてくつろいで過ごしていますが、まれに県外へ旅行も行ったりしています。各地の美味しいものや文化に触れることは好きです。最近は外に出かけるようにして惹かれるものがあれば写真を撮っています。