職種紹介 | VOICE

Webデザイナー

未経験でも、意欲さえあれば大丈夫。
「学ぶ喜び」が、仕事のやりがいに直結します。

業務内容

Webサイトのコーディングを中心に、デザインやお客様の所に撮影に行くなど、Webサイトの制作全般に関わっています。
コーディングはデザイナーから上がってきたデザインを元に、最適なCSSやJavaScriptを組み合わせて形を仕上げていく作業です。ソースコードが整然としたサイトは表示速度の向上や安定につながるだけでなくSEOにも有利になりますし、お客様のサイトをチームで保守していくためには、自分以外の方が見ても理解しやすいことが大切です。そのために、できるだけわかりやすく、きれいなソースを書くことを心掛けています。ですから、デザイナーとしてウェブサイトの制作に当たるときも、頭の中でソースの書き方を思い浮かべながらデザインをすることが多いですね。
撮影に関しては光の当たり方や物の配置、被写体の動きなど注意点が多々ありますが、決められたスケジュールの中で行う取材では、その日の天候や撮影環境が必ずしもベストとは限りません。最終的にどうデザインするかを常に考えつつ、その場その場で柔軟に対応できることが大切だと思っています

この職種の価値

デザイナーが意図する動きやエフェクトを実現したり、システムの機能とうまく連動させたり、Webサイトの楽しさや便利さを追求する上で、コーディング技術の重要性はますます高まっていくと思います。コーディングはサイト制作のほぼ最終工程といえるので、デザイナーやSE、ディレクターといった周囲のスタッフとの連携を通じて、サイトづくりの醍醐味や手応えを感じられるのも、この仕事の喜びですね。

やりがいや手応え

普段何気なく見ているWEBサイトも、裏側を見れば一つ一つのコードの組み合わせでつくられています。特に動きや効果を盛り込んだサイトは、そうでないものに比べて構造が複雑になります。これまでにないアクションを求められたときなど、制作する側としては手間も時間も必要で大変な面もありますが、こういった挑戦を通じて、今まで知らなかった知識が確実に自分の一部となって積み重なっていきます。そんな積み重ねによって一つのサイトが出来上がったときは達成感でいっぱいになります。

今後取り組みたいことやビジョン

ウェブサイトのデザイン~コーディングまで一連の流れをこなしていけたらなと思います。
また、今ではCSSでいろいろな動きを再現できるようになったので、なるべくJavaScriptに頼らないコーディングを進めていきたいと思っています。そのためにはまだ知らないコードはたくさんあるので、勉強のしがいがあります。

この職種の応募者へのアドバイス

何かを作り出すことが好きな方には、とてもやりがいのある仕事だと思います。
自分が制作したものが世の中に出ていくことは、とても喜びを感じられます。ITの世界は日々進化していくので勉強はつきものですが、学べば学ぶだけ新しい知識を身に付けていけるので、とても新鮮でやりがいがあります。
私はコーディングやWebサイトに関して全く無知の状態でこの世界に入りましたが、今ではコーディングはもちろん、取材やデザインなどサイト制作の全般に関われるようになり、サイトづくりの喜びも、より大きくなっています。未経験という方でも、Webに興味があったらぜひ“制作現場”にも注目してみてください。何事も挑戦です。

Work life balance

Profile

Webデザイナー K.M
浜松市出身
デザイン科卒

休日は平日録りためたドラマや映画の鑑賞をしたり、漫画を読んだりお買い物に出かけたりしています。年に2、3回ほど遠くまで旅行に行き、その地域の写真を撮ったり素敵な旅館に泊まったりしておもいっきり満喫しています。

何より大切なのは、「Web」「デザイン」への興味や意欲。
専門知識や経験が乏しくても、日々の仕事で成長できます。

業務内容

私は普段、主にWebサイトの制作に携わっています。Webサイトのデザイン・コーディング作業をはじめ、お客様との打ち合わせや写真の撮影、運用開始後のアクセス解析なども手掛けていて、業務内容はさまざまです。コーディングは簡単なJavaScriptも扱ったりしますし、最近は多くのユーザーがWebサイトをスマートフォンで閲覧するようになっていますので、サイトのレスポンシブ化にも対応しています。

この職種の価値

今後はますます、あらゆるものがインターネットでつながっていきます。ビジネスであれコミュニケーションであれ、質の優れたWebサイトの必要性はさらに高まってきます。お客様のニーズをかたちにし、実際に世に出るWebサイトを制作する職業は、より大きな価値を持っていくのではないかと思います。

やりがいや手応え

私自身も、入社前はコーディングの知識がそれほどあったわけではありません。それでも社内の先輩方に教えてもらったり、仕事をこなしていく中で、徐々に知識が身に付いていきました。専門的な技術となると、まだ難しいこともありますが、自分が作成したものが公開されたときは、大きな達成感を得られます。

今後取り組みたいことやビジョン

さまざまな案件の1フェーズの作業を引き受けるパターンが多いので、ひとつの案件で「打合せ~デザイン作成・コーディング~撮影~アクセス解析」というふうに一通り携われていけたらと思います。
また、Webの世界は日進月歩で、常に新しい情報が更新されていくので、向上心を欠かさず最新の技術やトレンドを取り入れて業務を進めていきたいです。

この職種の応募者へのアドバイス

Webとデザインに興味がある方には、とてもやりがいがある仕事です。最初は誰でも経験は浅いので、覚えていきたいという気持ちがあれば、スキルが身に付いていくと思います。

その他

経験者採用はトライアル制度(新卒は会社見学やインターンシップ)もありますので採用担当までご相談ください

Work life balance

Profile

Webデザイナー M.S
浜松市出身
グラフィックデザイン科卒

休日はだいたい家で映画を見たり本を読んだりしてくつろいで過ごしていますが、まれに県外へ旅行も行ったりしています。各地の美味しいものや文化に触れることは好きです。最近は外に出かけるようにして惹かれるものがあれば写真を撮っています。

お客様の発信したい情報を、Webサイトとして可視化するやりがい。
日々更新される技術を吸収し、スキルアップを続けたいです。

業務内容

Webサイトのコーディングを中心に、広告用のバナーなどのデザインの制作に携わっています。コーディング業務では、アドウィルのオリジナルCMS「Sima®Cloud」や、新サービス「Pitto」を担当しており、htmlやCSSのほか簡単なphpやJavascriptを扱っています。また、最近のユーザーはスマートフォンでWebサイトを閲覧するのが一般的ですので、レスポンシブ化の対応も欠かせないものとなっています。

この職種の価値

スマートフォンの普及もあって、さまざまな人が日常的にインターネットに触れており、Webサイトの重要性はさらに高まっているのではと思います。お客様の発信したい情報やユーザーが知りたい情報を、Webサイトというかたちで可視化するこの職業は、大きな価値を持っていると思います。

やりがいや手応え

Webの世界では常に情報が更新されています。日々新しい技術を吸収し、求められた機能やアクションに生かす努力が、自分のスキルアップにつながると感じています。また、それらを積み重ね、最終的に1つのサイトとして完成した時、とても達成感があります。

今後取り組みたいことやビジョン

Web業界は日進月歩。CSSでできること、Javascriptでできることはどんどん増えています。世の中にはまだまだ私の知らない技術が多いので、今できることに満足せず、多くの技術を身に付けて、求められるものに対し、精度高くアウトプットできるよう意識していきたいです。

この職種の応募者へのアドバイス

最初は全くわからない状態でも、「学びたい、覚えたい」という意識があれば自ずとスキルが身に付いてくると思います。
日々挑戦です!

Work life balance

Profile

Webデザイナー S.M
埼玉県出身
アニメーション科卒

休日はほとんど家でくつろいでいますが、たまに友人とお茶をしに行ったり、話題の映画を観に行ったりしています。
ラーメンが好きなので、ネットなどでおいしいラーメン屋さんを見つけると、遠いところでも食べに出かけています。