職種紹介 | VOICE

HOME採用情報職種紹介システム(Web系)エンジニア

システム(Web系)エンジニア

クライアントと直接コミュニケーションを取って進める開発業務。
それだけに、クライアントのビジネスに貢献できる喜びもひとしおです。

業務内容

開発の仕事は、大きく4つのフェーズに分けることができます。

(1)ヒアリングフェーズ
案件の初期段階から、営業担当とともにクライアントを訪問します。ご相談いただく内容は多岐にわたります。
(i)システム案件
  (a)Webサイトを強化・拡張するシステムの相談
  (b)業務システムや業務ツールの開発
  (c)顧客管理(CRM)システム
  (d)販促ツールなどに用いるアプリ
(ii)インフラ関連の相談
  (a)サーバー構築
  (b)ネットワーク構築
  (c)事業継続計画(BCP)体制構築、セキュリティの相談
 
(2)要件定義フェーズ
ユースケースやフロー図などの資料を作成して、クライアントの希望する用件を把握し、工期やコストを見積ります。
 
(3)設計フェーズ
クライアントに正式にご発注いただいたら、実際の画面設計やデータベース設計を進めます。
 
(4)開発フェーズ
開発スタートにあたり、社内外のスタッフをアサインし、プロジェクトマネージャーとして進捗管理を行います。検品作業でクオリティーを確認して、納品となります。

この職種の価値

いわば会社を代表して、直接クライアントとコミュニケーションを取る立場です。そのためには、日頃の小さな積み重ねによって、信頼関係を構築することが欠かせません。

やりがいや手応え

成果物を納品した後に、「順調に稼働しているよ」「おかげで売り上げが伸びた」など、クライアントから好評の声を聞かせていただくことが励みになります。開発の仕事は、納品して終わりではなく、その後の運用が大事。クライアントのビジネスに役立っているという実感を抱けるのは何よりの喜びですし、それが追加のご発注につながることも少なくありません。

今後取り組みたいことやビジョン

自社開発CMS・Sima(シーマ)™のさらなる機能向上を手掛けていきます。業種向けプランをさらに充実させるほか、完全クラウド化を早期に実現し、顧客管理(CRM)要素も本格的に取り入れて、Sima™をマーケティングの強力なプラットフォームにしていく予定です。
それと並行して、新しい事業の柱も育てていきます。

この職種の応募者へのアドバイス

プロジェクトの1パーツのようなかたちでの開発業務に物足りなさを感じ、より上流工程に携わっていきたいと考えている人には、存分に活躍してもらえる環境があります。
技術の最新動向に常にアンテナを立て、仕事に生かしていく。
ものづくりの醍醐味を感じられる機会に満ちた職場です。

業務内容

現在の業務は、Webサイトにおけるプログラミング実装が中心です。Webエンジニアは、データベース構築などのWebサーバー側の設定やプログラムを行うバックエンドエンジニアと、HTML・CSS・JavaScriptといったブラウザ表示側のプログラムを行うフロントエンドエンジニアとに分類されます。私はフロントエンドを担当することが多く、デザインやコンテンツを制作するクリエイターと連携しながら、ユーザビリティ、アクセシビリティ、エクスペリエンスデザインなどの多角的な観点を考慮しつつ、プログラミング実装を行います。いわば、Webサイトを訪れた時の印象や使いやすさに直結する部分です。また日頃から新しい技術にアンテナを立て、業務に応用していくことも仕事のひとつです。

この職種の価値

プログラミング実装によって論理的に課題解決をしていくことに価値を感じています。

やりがいや手応え

企画から関わり、自分の手でコーディング・デプロイすることで具現化し、ローンチする。このようにプロジェクト全体を俯瞰し、各プロセスに深く携わることができるのは、少数精鋭の会社ならではの魅力だと思いますし、まさにものづくりの醍醐味を感じられます。技術の習得だけでなく、「その技術を使って何を作り、どんな価値を生み出すのか」と、プログラムの一歩先を考えながらサービスを実現していくのは、何ものにも代えがたい喜びがあります。

今後取り組みたいことやビジョン

Web技術の変遷は目まぐるしいですが、エンジニアとして、常に最先端技術の潮流をつかんでいたいですし、また自分から新しい波をつくっていけるよう世界に発信していきたいと思っています。IoT(Internet of Things)という言葉が世に出て久しいですが、一般家庭のあらゆる家電がインターネットにつながりつつある中で、CMSの今後の役割を見据えながらCMS Sima™の機能拡張にまい進していきたいです。

この職種の応募者へのアドバイス

Webエンジニアは幅広いスキルが求められる職種ですが、個人的には、技術力よりもWebが好きだという情熱がものを言うと思っています。

Work life balance

Profile

システム(Web系)エンジニア I.M
三重県出身
デザイン学部デザイン工学科情報デザインコース卒→大学院デザイン研究科卒

大学ではデザインを学んでいましたが、コーディング好きが高じてエンジニアになりました。昔は純粋無垢な野球少年でしたが、今は見る影もないインドア派のJavaScripterです。 Webが大好きな人間なので、生活の大半はWebの中に生きています。他には料理が好きです。休日はほぼ自炊しています。

お客様の想いを超える品質のシステムを提供するのがエンジニアの真価。
毎日の仕事を学びの場として、経験と知識を積み重ねていきたいです。

業務内容

お客様のWebサイトのリニューアルや新規構築に際して、システム開発およびWebサイトやデータベースの構築などを担当しています。プログラミング言語としては主にPHP、HTML、CSS、JavaScriptを扱っています。CMS機能の実装、公開画面のデザインの調整に加えて、例えばお客様が現行サイトからCMS Sima™にリニューアルされるような場合は、コンテンツの移行作業なども行います。簡潔かつ機能性の高いプログラミングで、お客様の力になることを心掛けています。

この職種の価値

お客様に貢献できるプログラム開発をするのがエンジニアという仕事の価値だと思うので、その実現に向けて、よりレベルの高いプログラミング技術と経験を身に付けたいと考えています。

やりがいや手応え

プログラムの世界の技術の進歩はとても速く、また一見して大きな違いがなくてもより効率的なやり方といったものが無数に存在しますので、勉強すべきことは尽きません。多くの場合、現場での仕事こそが最上の教師で、経験を重ねることでより鋭い感覚が備わったり、難しい問題に直面して試行錯誤することで解決手段を学習できたりします。そして、そこで学んだことをその後の実装で生かせたりしたときなどは、大きな手応えを感じます。
もうひとつ、実装するWebデザインは、当然ながらプロのデザイナーが制作したものです。いわば理想の図面であり、それを実際に稼働するWebサイト上に実装することは、自分にとって大きなやりがいとなっています。

今後取り組みたいことやビジョン

現在はCMSの管理画面まわりを担当することが多いのですが、このCMSの機能の一部を実装するだけでも、多くの知識を必要とします。技術には「ここまで身に付けたら終わり」というゴールはありません。まずは現状に満足することなく、受け持った仕事をより精度も効率も高くこなせるようにしていきたいです。また、前述したように、技術の進化や流行の変化が極めて速い分野なので、新しい技術に触れるときもスムースに対応できるように、常に万全の準備をしておきたいと強く思います。業務の中での経験や日頃の勉強の大切さを今後も意識していきたいです。

この職種の応募者へのアドバイス

仕事を始めてから学習することも多いですが、経験や知識は豊富であるに越したことはありません。実装における勉強と失敗、そして解決を繰り返し経験しておくことは、とても大切だと思います。

その他

身に付けた技術を通してお客様のお役に立てるというやりがいに加え、自分自身の成長が大いに望める仕事だと思います。一緒に頑張りましょう!

Work life balance

Profile

システム(Web系)エンジニア M.N
浜松市出身
情報技術科卒

情報には中学生のころから興味がありましたが、きちんと勉強したのは高校生になってからです。知識は浅いですが美容やファッションやイラストにも興味があります。オフは基本家で過ごしますが、時々お友達とライブやご飯に行きます。